ホテルの調理スタッフ,労働時間,休日,給与,年収まとめ

ホテルの調理スタッフの労働条件について現役料理長の筆者が考えてみました。
ホテル調理は筆者は経験がありませんが御三家の1つにたまに手伝いに行くことがありますのでその意見も踏まえて参考にしてください。
もちろん全てが当てはまるわけではありませんのでご了承ください。

ホテルの調理スタッフとは?

ホテルは宿泊施設のイメージがありますが、中にはレストランがとてもたくさん入っています。
所謂高級ホテルといわれるところは基本的に和、洋、中全てが揃っており、さらに製菓パン等、飲食業界で必要なものは全て揃っているといっても良いくらいです。

料理人の数、使っている食材、厨房規模、全てにおいてマチバのレストランでは真似できない規模を有しております。

ホテル内での配属先は選べないことが多いですが、1年目は宴会場や食材の搬入、雑務などで包丁はほとんど触らないということもあるそうです。

 

ICHI
私の聞いた話では2年間は包丁を持たせてもらえないというようなところもありました。
しかし、多数のレストランが1つのホテルに集約しているわけですから1つのホテルで色々な経験ができるのもメリットといえます。

労働時間、休日、給与、年収について(正社員)

労働時間

拘束時間が8時間、9時間うち1時間休憩のところが多いです。
残業もあっても1日1~2時間程度でしょう。シフトによっては泊り等もあるみたいですが、それでもマチバよりは好待遇です。

月間の労働時間は170~190時間程度で収まるかと思います。

料理人の数がとても多いため、シフトでしっかり管理されている印象です。
中堅クラスも多くいるため、マチバでよく言う人手不足といったことはほとんど起きないような状況だと思います。

労働時間がしっかりしているため専門学校ではまずホテル就職をオススメされます。

休日

月8~9日のところが多いと思います。

夏季休暇、冬期休暇も含めると年間の休日数は100~120日付近にもなってきます。
休みも比較的しっかりとしている印象です。

給与、年収

こちらは不透明なので求人票で集計しました。

大体は初任給月17~18万といったところでしょう。
手取りは14~16万程になります。

ボーナスにもよりますが年収240万~300万。
またその後昇給し、中堅クラスでは年収300万~450万ほどになると予想さます。

 

ICHI
正直ホテルの料理長、総料理長クラスが年収いくらなのかは想像もつきません。。。
業界では総料理長クラスは年収1000万クラスとは言われています。
実際になってみないとわからないのも事実です。

正社員になるのが難しい?

 

飲食業界から見ればこれだけの好待遇ですからその分人気もあります。
それと、有名ホテルで働いていれば料理人としてのステータスと職歴も上がります。

もしあなたが今学生であればオススメは新卒枠で入社することです。

中途採用はそもそも正社員求人がなかったり、アルバイトからのスタートが多いと思いますので高級ホテルといわれているところは新卒枠で入るのがスタンダードです。

 

ICHI
倍率が高いところはとても高く、某有名テーマパークのホテルは私の学校では1人も受かっている人はいませんでした。(当時は就職難でもあった)
今の時代は改善されているかもしれませんが、以前人気な就職先ということになります。

まとめ

仕事にプライベート、とにかくバランスが良い!!

学生の方はまずは選択肢に入れてほしい

プライベートの時間もしっかりとりつつ技術も向上したい、という人はまずホテルで働くことを視野に入れてください。
ホテルにも厳しさはあると思いますが、それは社会人としてはどの職種でも同じです。

ホテルで10年、マチバで3年、これは料理人として一人前(一人前の定義は人によって異なる)になるために必要な期間と業界ではよく言いますが、実際は本人次第にもなってきます。
それだけホテルではやれることがいっぱいあるため、ホテルに従事している方はホテルでずっと働いている方が多い印象です
それだけ働きやすく、離職率も低いということです

もし学生で進路に悩んでいる方がいたらまずはホテル就職を視野に入れてください。

未経験の中途の方は求人をチェックしてみましょう!

ホテルで求人がでていないかチェックをし、アルバイトや契約社員でもよい場合は働いてみましょう
もし正社員を希望していて求人がない場合でも飲食業で働きたいと思ったなら少し考えてみてください。

ホテルは従業員の数も多いため、仕事自体はしっかり教えてくれると思います。
ただ、アルバイトとなると責任のある仕事をやるのは難しいかもしれません。

調理場の雰囲気や色々な料理人を知ることができるのでそれだけでもメリットはあると思います。

 

ICHI
マチバの離職率はとても高いです。新卒離職率になるとさらに高くなり、30人いても3年後には1人残っているかどうかというレベルです。
仮に厳しさが同じレベルなら労働時間や休日がしっかりしてる方がよいと思います。
仕事だけが人生ではなく、ワークライフバランスもしっかり考えて決めましょう!